ブログ | 宮崎県えびの市の新鮮な卵は東養鶏場

ブログ

ブログ | 宮崎県えびの市の新鮮な卵は東養鶏場

ブログ

  1. トップページ
  2. ブログ
  3. 今更聞けないたまごの疑問をしっかり解消しよう

今更聞けないたまごの疑問をしっかり解消しよう

日常生活の中で一番使用すると言っても過言ではない食材である卵は、毎日当たり前のように使われていますが、実はこんな時はどうすればいいんだろうというささやかな疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。

今更誰かに聞くこともできないし、そんなきっかけもないけれど、卵に対する疑問点は確かにあるという人のために、多くの人が実は疑問に思っていることを解決していきましょう。

まず、卵には賞味期限というものが設定されていますが、その賞味期限はきっちり守るべきなのか、ある程度は大丈夫なのか知りたいという人も多いですよね。

卵の賞味期限は、生まれて2週間以内のものなら安心して食べることが可能ですが、2週間を過ぎたものは気を付ける必要があります。ある説では1か月程度は冷蔵庫保存なら大丈夫という人もいますが、あまりおすすめできません。できるだけ新鮮なうちに美味しく食べることをおすすめします。

卵を割ると、黄身の周りについている白いひも状のものがありますよね。それは栄養があるから食べた方が良いという人と、食べない方が良いという人がいます。どちらが正解なのか気になります。白いひものようなものは、食べても問題はありませんので、それほど気にする必要はありません。

お問い合わせはこちらから

2021.05.20

ページトップ